1×10-8寸の小分子にも5分以上の魂
生理活性物質が働く姿を考える「分子機能化学」という講義で使用したスライドをいくつかまとめてみました。
この講義では、平山令明先生の書かれた「分子で見た薬の働き」(講談社ブルーバックス)を教科書に展開しました。




このサイトのタンパク質画像はフィアラックス社のMolFeatを使って作成しました。
3Dの画像を見るためには、MolFeatプラグイン(フリーウェア)が必要です。
PDB・バーチャルリアリティ・フィアラックス

目次